しゃある通信

Back Forward Return


06/11(Mon)

#11-01 [Ubuntu]emacs 24.1

リリースされたという話を Twitter で見たのでさっそくインストールしてみる。 しかも 10.04LTS 入れてたサーバのディスクコントローラが死亡してる感じなので新マシンに 12.04LTS 入れていつものように (libncurses*-dev必須)

$ ./configure --prefix=/usr --without-x --with-crt-dir=/usr/lib/x86_64-linux-gnu
$ make
$ sudo make install
$ emacs --version
GNU Emacs 24.1.1
(emacsはパッケージは作らないのです…)
とやってみた。普段使いについては問題なさげ。NEWS 見ると、 フットプリントもうちょっと小さくできるのかなー? あ、ldd してみたらそもそも libgnutls*-dev 入れてなかったわ…。


06/12(Tue)

#12-01 [Mac]emacs 24.1 homebrew formula

作った。https://gist.github.com/2914600

$ brew install autoconf automake
$ brew link autoconf automake
上記をやらないと怒られるかも…。


06/13(Wed)

#13-01 [Ubuntu]俺様リポジトリ変更

自宅サーバが死んで新マシンに Precise 入れたので http://sharl.hauN.org/a/amd64 で展開していた Ubuntu の俺様リポジトリを Lucid Lynx 向けから Precise Pangolin 向けに切り替えた。Lucid 用はしばらくとっといてあとで消そう。

#13-02 [Ubuntu]netatalk 2.2.3 for Ubuntu Server

前に作った・入れて設定した方法を忘れて「うごかーん!! ぐぬぬ」となったので忘れないようにメモ。

Bug #810732 “Netatalk shows kernel panic in syslog when trying t...” : Bugs : “netatalk” package : Ubuntu
ここのワークアラウンドを参考にパッケージ作成するときに /usr/lib/netatalk/uams_dhx2_pam.so を使わずに /usr/lib/netatalk/uams_dhx2_passwd.so を使うように変更した。 /etc/netatalk/afpd.conf で -uamlist uams_dhx2_passwd.so って書けばいいんだけど、入れてすぐ使えるように。

あとは /etc/netatalk/AppleVolumes.default に

/timemachine	"Time Capsule"	options:tm
とか書けばできあがり。また寝かせてから公開しますよ。


Back Forward Return

1096 accesses since 2012/06/11. (C) Willoo Entertainment Inc. / HUDSON SOFT 株式会社ウィローエンターテイメント及び株式会社ハドソンの著作権を侵害する行為は禁止されています。