しゃある通信

#21-01 綾坂みつね先生
いつもの岩本で「綾坂みつね」の文字に反応したらフランス書院コミック文庫の

だった。オビに書いてある美栗って『とっても DANGER バニーちゃん』の主人公じゃないか? と思って帰って 読んでみたらそのとおり。大洋図書から出てた『とっても…』の文庫化したやつであったのに買ってしまうなんて、なんと業の深いことよ(詠嘆調)。ページを作るって計画もあるにはあるんだけど、一般資料が全然揃ってないのでまだまだかかりますな。だれか資料持ってないかなぁ。 『いつもどこかで誰かが』が見つからな〜い。

ちなみに綾坂センセはコミケ 52 でマルチと芹香の表紙で『いい娘(ひと)』ってのと(ワニマガ 許諾だからたぶん快楽天?)コミックス未収録ものを集めた『ごめんあそばせ(はーとまーく)』を 出してた(はず)。2 日目はいってないのでわからん。『いい娘』に敗北王が敗北していたのは ひみつ だ。



マクロミルへ登録

© 1997 Kazuya 'Sharl' Masuda
(C)Willoo Entertainment Inc. (C)Konami Digital Entertainment 株式会社ウィローエンターテイメント及び株式会社コナミデジタルエンタテインメントの著作権を侵害する行為は禁止されています。 0.025042 cached