しゃある通信

#17-06 シンクロ
みんな会社の忘年会なので夕食シンクロ計画はない模様(悲)。…と思ったらぱやかづから電波。いつもの場所にいつもの時刻 で小人数で決行。とりあえず顔つなぎってところかな。ロボ(リンクしなくても自明)に電波を飛ばして もらって、出発。神保町から半蔵門線でいくのがいいらしい。

あいかわらず人が多いねえ。地上に出た瞬間に片野くんから電波。もういつもの 場所にいる、とのこと。すぐ向かう旨伝える。…しかしぱや、GORRY しかいない。ほえ? …別の場所にいるとな。なんとか誘導して無事合流。ロボに電波を飛ばす。 「ニセ天狗。じゃよろしく〜」

この前通った道ではなく、裏から入ることに…したのが間違い。全然違う道だった。途中で ホンモノ天狗 を発見したことが救いかな。結局大回りして山の上から HMV を発見。

ビールをピッチャーで注文するも、なかなかこない。こないまま、ロボ到着。内輪な話になってしまって 片野くんには申し訳なかった。まあ、ロボが認識できた、ということで(汗;)。

キーワードは「本当に部屋は片付くのか」「X68k 古いもの自慢」「ぐさぽん基地」「ぱや X 発動」てな ところ。

帰宅したら日付が変わっていた。



マクロミルへ登録

© 1997 Kazuya 'Sharl' Masuda
(C)Willoo Entertainment Inc. (C)Konami Digital Entertainment 株式会社ウィローエンターテイメント及び株式会社コナミデジタルエンタテインメントの著作権を侵害する行為は禁止されています。 0.032323 cached