しゃある通信

#30-03 昼ゲ
暑いので旭屋。

ふと思い出したが、旭屋まんが文庫売り場の横で娘二人がなにやらデカい声でしゃべっていた。おおかた 日大経済学部生なんだろう。大原にしては幼くないしな。

『YASHA』の表紙を見て「なにこの鼻筋〜、ツンツン髪の毛〜、吉田秋生じゃないみたい〜。これじゃ 白泉社系だよね〜」だと。あんたら、『カリフォルニア物語』『十三夜荘奇談』『きつねのよめいり』 とかその辺を読んでたんだね。『吉祥天女』『櫻の園』『BANANA FISH』は読まなかったんだね。 その辺から絵柄が変わってきたのに。『ハナコ月記』は最近(?)だけどかなり昔の taste 残してるのに。

これも generation gap?



マクロミルへ登録

© 1998 Kazuya 'Sharl' Masuda
(C)Willoo Entertainment Inc. (C)Konami Digital Entertainment 株式会社ウィローエンターテイメント及び株式会社コナミデジタルエンタテインメントの著作権を侵害する行為は禁止されています。 0.035668 cached