しゃある通信

#16-05 ヘロヘロ
待ち合わせはあっという間に終了。こんなことなら待ち合わせ要らなかったね。ゴメン。 んでダッシュしようとしたら足止めを食らう。 でも時間がもったいないので別れを告げ、東123 へダッシュ!! お、ふるふるがついてきてくれた。これは少し楽かも。

まずは proxy 分の外周(通称「壁」)を攻め。ふるふるが探してくれる。疲れた体にはとてもありがたい。 でも売り切れてたりブツがなかったり本人が 1P しか描いてない詐欺本だったり並んでたり。外周 proxy はほぼ押さえたので 中央部を攻める。樽の眞相新刊とかよっちゃん先生のところで あるもの全部 とか。よっちゃん先生、写真ウツリ悪いですわ。実物はすげー好みだった。

壁に並ぶのでふるふると別れ、最後尾を探して待つ。10 分待ち。軽い。しかしこの辺で体力がなくなる。 荷物がめっちゃ重い。またもや待ち合わせ時刻の 14:30 が迫ってきたので西館に移動中、まきちゃんより 電波。もしや「時刻が時刻なのでもう撤収」なのでわ…と思ったらそうだった(汗;)。 駆けつけるのでちと待ってもらうことに。待ち合わせには到底間に合わないので電波を飛ばして 遅れることを伝える。

西館の配置はなので迷うが、なんとか到着。あ〜まきちゃんだ〜、遅れてゴメンです〜。 かなりへたっているので休ませてもらう。ウチワであおいでくれる。ありがたや〜。しゅみっとからの土産をいただく。あ、 徳利と猪口のセットだ。わ〜い。次回の予定を聞いたり。正月に帰った時に遊んでください。

ついでなので CLUB HOUSE さんの『夜はやさしく』シリーズ(お医者さんシリアスもの)と うさぎ設計さんの『楽しい建築家』シリーズの最新刊をゲット。皆を待たせているので挨拶も 「次回も楽しみにしてます」のようなことしかいえなかった。やはり感想のお手紙を出すべきか?

もう時間がないのでほかのサークル(青木光恵さんとか赤星たみこさんとか)はブッチしてくらげりーた師匠のサークルへ。 …もう撤収していた(悲)。

重い足を引きずり、待ち合わせ場所へ。たくさん人がいる中、判別しやすいユニフォームの連中が。 ついに撮影するらしい。背中を向けて座り込む…。疲れがどっと出る。動けん…。

みんなに心配をかけてしまった。スマン…。またもや東館へ移動。

思い出したくない事件が発生。もう動きたくない。西館への連絡通路の左隣のスペースで直射日光にも 関わらず座り込む。元気のある部隊と再合流したところで閉会の拍手。

レストランで休もうとするも閉店していた…。そのままワンザに移動(まだ歩くのか…)して中華屋で とりあえずビール。く〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!! ウメー!! ジョッキをあっというまに飲み干す。 豚肉とピーマンの炒めものを頼んでぱくつく。おかわりのビールを飲んでいる途中で死亡。

…かなり復活した。あれだけ歩いても足はぜんぜん痛くならなかった。これはやはり 秋葉ぐるぐる散財部 で鍛えられたせいだろう。変なところで感謝(笑)。



マクロミルへ登録

© 1998 Kazuya 'Sharl' Masuda
(C)Willoo Entertainment Inc. (C)Konami Digital Entertainment 株式会社ウィローエンターテイメント及び株式会社コナミデジタルエンタテインメントの著作権を侵害する行為は禁止されています。 0.028018 cached