しゃある通信

#29-01 P.K.D.
うらやましい〜。わたしゃ SF に目覚めた時はすでにサンリオはなかったので、銀背、青背とかいわれてもわからんのですわ。 かといって集める気力はほとんどないので、これは努力した人の成果として大いに自慢するのが 吉でしょう(笑)。

あれ? 『火星のタイムスリップ』『高い城の男』っていつのまにか絶版なの? なぜか持ってる。 こういう、価値のわからない人間が持ってるんだからまったくしょうがないよな。



マクロミルへ登録

© 1998 Kazuya 'Sharl' Masuda
(C)Willoo Entertainment Inc. (C)Konami Digital Entertainment 株式会社ウィローエンターテイメント及び株式会社コナミデジタルエンタテインメントの著作権を侵害する行為は禁止されています。 0.029166 cached