しゃある通信

#18-02 カルト
特に題名を秘す、愛の家族、Hare Krishnas(ハレ・クリシュナ) などが(ぴー)で消されているとある歌を仕事の合間に聴いていてふと思い立ち、カルト宗教ヤバイ度チェックで ヲレが属していると思われるある二つの集団を判定してみた。二つとも特に思想集団ではなく、 どこかから弾圧を受けているわけでもないのだが。

集団 A: 判定 D
実在のカリスマ的指導者が中心にいて、メンバーは無条件に心酔している。
集団 B: 判定 C
新しいメンバーの獲得に余念がない。
瞑想や詠唱、体力を消耗させる労働など、精神を麻痺させるテクニックを用いて疑いの心を持てないように仕組んでいる。
メンバーの罪悪感をあおって、支配力を強めている。
メンバーは当然の義務として、集団の活動に法外なまでの時間を費やすことを求められる。

集団 A は単なるファンの横のつながりか。指導者ってのはちと違うな。単なるカリスマ。

集団 B はいわゆるナントカ部をヲレ的に判定してみた結果、危険性が示唆された。

こういう集団なら楽しいのでかまわんのだけど。

ちなみにタイトルを「カルト」にしたのは「ワン・ゼロのカルト」から。



マクロミルへ登録

© 1998 Kazuya 'Sharl' Masuda
(C)Willoo Entertainment Inc. (C)Konami Digital Entertainment 株式会社ウィローエンターテイメント及び株式会社コナミデジタルエンタテインメントの著作権を侵害する行為は禁止されています。 0.059948 cached