しゃある通信

#17-01 [NW,Ubuntu]NetWalker+WILLCOM WS002IN(DD)+RX420IN(青耳)でpppできた(pppconfig,pon,poff編)
昨日はどんだけやってもできなかったのに……以下まとめ。念のためですが無保証です。

Ubuntuでwillcom wx310kをUSB接続してprinに接続
上記サイトが大変参考になりました。ありがとうございます。
  1. Netwalker(PC-Z1)再インストール用microSDカード作成手順について
    上記を実行。
  2. NetWalker(PC-Z1) 「3Gモデム対応ツール」
    をゲットして適用。kernelのupdateになる。
    $ uname -s -r -v -m -o
    Linux 2.6.28-15-araneo #50fsl1araneo9-Ubuntu PREEMPT Fri Oct 2 20:23:45 UTC 2009 armv7l GNU/Linux
    
  3. moyashiさんビルドの
    #NetWalker 用Serial USB関係Kernel Module置きました。(要「3Gモデム対応ツール」)
    http://bit.ly/tiNUk cp2101.ko ftdi_sio.ko ipaq.ko pl2303.ko usbserial.ko visor.ko
    をゲットしておく。ありがとうございます。念のためコピー前に無線はoffにしましょう。 展開して出てきたカーネルモジュールをコピーする。念のため古いモジュールは取っておく。
    $ mkdir drivers
    $ cd drivers
    $ wget http://bit.ly/tiNUk
    $ tar xzf drivers-usb-serial_arm.tar.gz
    $ sudo -s
    パスワード入れてね
    # cd /lib/modules/2.6.28-15-araneo/kernel/drivers/usb/serial/
    # mkdir old
    # mv *.ko old
    # cd -
    # chown root *.ko
    # cp -p *.ko /lib/modules/2.6.28-15-araneo/kernel/drivers/usb/serial/
    
  4. カーネルモジュールの依存関係を更新してロードする。依存関係が解決されていることを確認。
    # depmod -a
    # modprobe pl2303
    # lsmod | grep pl2303
    pl2303                 17220  0
    usbserial              30348  1 pl2303
    
  5. boot時のRAM DISKをアップデート。これで再起動後は自動でloadされるはず…たぶん。
    # update-initramfs -u
    
  6. USBにW-SIM入りのDDを挿して確認。
    # lsusb
    Bus 002 Device 002: ID 04dd:92e7 Sharp Corp.
    Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
    Bus 001 Device 003: ID 11f6:2001 Prolific Willcom WSIM
    Bus 001 Device 002: ID 0424:2514 Standard Microsystems Corp.
    Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
    # ls /dev/ttyUSB0
    /dev/ttyUSB0
    
  7. pppの設定をする。ENTERで確定。カーソルで移動。SPACEで選択。TABで項目移動。
    # pppconfig
    
    1. Create Create a connection を選択
    2. Provider Name - 設定名を入力 (ddとか)
    3. Configure Nameservers (DNS) - Dynamic Use dynamic DNS を選択
    4. Authentication Method for provider - PAP を選択
    5. User Name
    6. Password
      プロバイダのアカウント・パスワード
      PRINはこちら
    7. Speed - 115200 のままでいいと思う
    8. Pulse or Tone - Tone
    9. Phone Number - プロバイダAPの電話番号 (PRINは上記からプランにあったものを)
    10. Choose Modem Config Method - yes <はい>
    11. Select Modem Port - Manual (というかそれしか出てこない気がする)
    12. Manually Select Modem Port - /dev/ttyUSB0
    13. "Properties of 設定名" - 確認して間違っていたら修正。Finished Write files and return to main menu.でファイルに書き出す
    14. Main Menu - Quit Exit this utilityで終了
    データ送受信が一定時間ないと接続切られたりするのが嫌な人は
    # cat > /etc/ppp/peers/設定名
    
    lcp-echo-interval 0
    lcp-echo-failure 0
    CTRL+D
    
    で追加しておくといいかも。最初の改行はけっこう重要だったり。
  8. 接続してみる
    # pon 設定名
    
    pon dd とかする。DDのランプが両方とも光ったら接続できたっぽいよ。確認してみる。
    # ifconfig ppp0
    ppp0      Link encap:Point-to-Point Protocol
              inet addr:xxx.xxx.xxx.xxx  P-t-P:xxx.xxx.xxx.xxx  Mask:255.255.255.255
              UP POINTOPOINT RUNNING NOARP MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
              RX packets:4 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
              TX packets:5 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
              collisions:0 txqueuelen:3
              RX bytes:58 (58.0 B)  TX bytes:85 (85.0 B)
    
    などと出るとIPアドレスもらえてます。

    切断は

    # poff
    
  9. rootではなく一般ユーザ(?)でも接続できるように、dipグループに自分を追加
    # vi /etc/group
    
    dip:x:30:sharl とか。
  10. ネットは広大だわ…



マクロミルへ登録

© 2009 Kazuya 'Sharl' Masuda
(C)Willoo Entertainment Inc. (C)Konami Digital Entertainment 株式会社ウィローエンターテイメント及び株式会社コナミデジタルエンタテインメントの著作権を侵害する行為は禁止されています。 0.019944 cached