しゃある通信

#30-02 だまされ
そういえば先日 N+I にいったときに『Web クライアントプログラミング』も買おうと して、よくよく見たら現題が『Web Client Programming with Perl』だったのでやめたんだっけ。 なんか perl で書いてあるとだまされた気分。

大串さんが買ったPerl 徹底活用 インターネットダイレクトアクセス』とどっちがいいのかなあ。後者のほうがいろいろ載ってて いいような気もするな。でも perl だけど。

perl -> C 手動 transrate するんだから perl で書いてあってもいいのかもしれないけど、やっぱり C でサンプルがたくさん書いてあったほうがお得な感じがするのはなぜだろう…。 やぱ socket に対応してない perl 使ってるからか? (←Human68k 捨てれ、という話も)



マクロミルへ登録

© 1998 Kazuya 'Sharl' Masuda
(C)Willoo Entertainment Inc. (C)Konami Digital Entertainment 株式会社ウィローエンターテイメント及び株式会社コナミデジタルエンタテインメントの著作権を侵害する行為は禁止されています。 0.042232 cached